融資の審査基準

審査判断材料
キャッシングやローンを申し込む際にどんな審査基準で判断しているのか気になるところです、一定の基準を参考にしています。
はじめに審査される基準が他社の借り入れ件数・借り入れ金額になります。次いで申し込み者の属性を判断します。融資審査にはだいたい以上の2点が審査されます。また、信用情報機関から得た情報も審査の際には重要視されます。 その中でも審査に影響するのは、

①申込事故(ブラック)情報
3ヶ月以上の延滞や、任意整理、自己破産などによる貸し倒れ情報など。

②支払い情報
過去の支払い情報です。延滞は1ヶ月から2ヶ月で支払い遅れと見なされます。

③申込履歴
最近の他社への融資申し込あみ情報とその結果

の3点です。この3点についてこれから解説していきましょう。

事故情報と支払い情報
事故情報と支払い遅延の境界線は1~2ヶ月は支払い遅延ですが、3ヶ月目の遅延より事故情報として情報が登録されてしまいます。
事故情報と登録された後でもきちんと支払い続ければ信用も回復しますので、
一度支払いが遅れてもあきらめず粘り強く支払い続けましょう。

申込履歴
申し込み履歴は他社に融資の申し込みをした場合などは履歴として情報が登録されています。ですので、立て続けに申し込むをするよりも、一度に5~6社申し込むか2週間ぐらい空けて再度申し込むようにしましょう。
立て続けに申し込むをしている場合などは担当者にわかってしまいますので、審査に通るものも通らなくなる可能性があります。
申し込むタイミングは非常に重要になってきます。

主なローンの比較
「おまとめ」とは?
借りるノウハウ
業界の事情
その他の商品

©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.