金利を下げる

■値切る■

金利を下げるテクニックは値切ることです。
融資金額は値切れません。つまりは金利を値切るということです。

何をおかしなことを言ってるの?とお思いでしょう。しかし、今取引している会社に後腐れがなくローンの借り換えを考えているのであれば、とてもよいテクニックとなります。

通常は、取引期間が1年ほどたつと、契約の見直しや再審査ができるようになるので、担当者に連絡をとり、
「もう少し金利を安くしてもらえませんか?」
「増枠してもらえませんか?」
と問い合わせてみましょう。

その際に、増枠金額も金利問題も解消されないのであれば「他社に借り替えます」と言ってみるのです。担当者にも営業ノルマというのがありますので「それなら再度検討してみます」という感じに若干の増額や、金利の引き下げなどがあります。

それでも期待できないようなら、実際に借り換えを実行しましょう。





楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可)

金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。


©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.