借りる順番Part2

お金を借りる順番の続き・・・

重要ポイント
銀行で借入することができた場合、6ヶ月をサイクルに銀行系に増資を申し込む。

融資枠が50→100→200→300と増枠していく場合もあり、最低6ヶ月をめどに増枠融資を試みる。

その際、禁止行為は、その間に他社借入を増やすこと、カードの利用可能枠を使ってしまうことはNGなので注意すること!

300万円まで増枠ができれば、その分、他社借入分を借り換え、7件350万円が3件350万円にすることができます。


借りやすい社会的な属性
以前にも書きましたが、公務員はローン会社にとって優良顧客です。さらに健康保険でも違ってきます。それは社会保険です。

社会保険であれば、他社借入件数が3件でも楽々融資してもらえます。逆に国民健康保険だと審査自体が厳しくなります。それは、社会保険はサラリーマンなど毎月一定額が支払われる属性だからです。
それに対して、国民保険は個人事業、定年退職、主婦など比較的、収入が不安定な属性です。

持ち家でローンなしも属性ポイントが高くなり、借りやすい傾向にあります。さらに、独身よりも既婚者が属性ポイントが高いです。

総合的に観ると、サラリーマンなどの社会保険所持者で、持ち家でローンがなく、既婚者は審査が一番通りやすい結果となります。しかし、そんな人はごくわずかですので、悲観する必要なありません。





楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可)

金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要

楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。


©株式会社ファイブディグリーズ All Rights Reserved.