お金を借りる順番の続き・・・


重要ポイント
銀行で借入することができた場合、6ヶ月をサイクルに銀行系に増資を申し込む。

融資枠が50→100→200→300と増枠していく場合もあり、最低6ヶ月をめどに増枠融資を試みる。

その際、禁止行為は、その間に他社借入を増やすこと、カードの利用可能枠を使ってしまうことはNGなので注意すること!

300万円まで増枠ができれば、その分、他社借入分を借り換え、7件350万円が3件350万円にすることができます。


借りやすい社会的な属性
以前にも書きましたが、公務員はローン会社にとって優良顧客です。さらに健康保険でも違ってきます。それは社会保険です。

社会保険であれば、他社借入件数が3件でも楽々融資してもらえます。逆に国民健康保険だと審査自体が厳しくなります。それは、社会保険はサラリーマンなど毎月一定額が支払われる属性だからです。
それに対して、国民保険は個人事業、定年退職、主婦など比較的、収入が不安定な属性です。

持ち家でローンなしも属性ポイントが高くなり、借りやすい傾向にあります。さらに、独身よりも既婚者が属性ポイントが高いです。

総合的に観ると、サラリーマンなどの社会保険所持者で、持ち家でローンがなく、既婚者は審査が一番通りやすい結果となります。しかし、そんな人はごくわずかですので、悲観する必要なありません。
相談してみる
[無料]ローンの相談はコチラ

TOPに戻る

他のページを読む

おまとめとは?
審査方法とは
返済方法の種類
申し込み時の注意事項
申込書の見られる部分
審査の通り方
金利を下げる
甘い広告には注意

借りるノウハウ
借金脱出
借りる順番
お金を借りる順番2
融資申込タイミング

業界の事情
コールセンター実情
詐欺はダメ
消費者金融の利息
借金を支払う義務
お得返済
審査基準

TOPに戻る
運営者情報

(c)ファイブディグリーズ