総量規制とアイフル

“どうする?アイフル”といえば有名なCMのキャッチコピー。登場するチワワ犬が愛らしくて、それだけで世間の話題になったものでした。

アイフルはご存知のように消費者金融。いわゆるサラ金で、あのCMもサラ金特有のマイナスイメージを払拭あるいは和らげる、そういう目的で制作されていました(消費者金融のCMは、おしなべて皆そうした目的を包括しています)。

消費者金融であるだけに、これも総量規制の対象。年収の3分の1に達する借入のある方は、もはや消費者金融からの融資は受けられません。過去にアイフルで借入を行い、いまだ年収額3分の1ラインまで返済し終わっていないなら、当のアイフルからさえも借りられないのです。非常に不便なことですね。

追加融資を受けたいのであれば、現在借りているお金を地道に返済し、借入額自体を減らして以降のお話。そうなるのです。とはいえ完済していないのなら、この場合も総量規制の冷酷な縛りが。仮にあなたが年収1000万円で借入250万円なら? 追加で借りられるのはたった50万円になってしまうのです!

“どうする?アイフル”どころではありません。駆け込み寺のごとくお金を必要としてアイフルに行っても、総量規制のせいで断られる、あるいはほんの少々しか借入できない。そういう憂き目にあうことだって十分にあるワケです。もはや消費者金融として、アイフルは頼りになりません。

お金が足りない。どうする? そう思ったときに頼りになるのは、いまや銀行ローンです。銀行自体が直接貸付を行う銀行ローンなら、全く総量規制の影響を受けません。総量規制を含む貸金業法は、銀行に適用される法律ではないからです。

ここでおススメしたいのは東京スター銀行おまとめローンと、みずほ銀行カードローン。前者は融資極度額がビックリ仰天の1000万円です。従来ならありえなかったほどの大金を借りられるのですね。消費者金融なら、たいてい50万円。よくいって100万円が限度でした。それに比べたらまさに大金!

東京スター銀行おまとめローンの場合、低所得すぎて年収の3分の1の借入がある人は、融資を断られるケースもあります。あまりに他社借入件数が多いのも歓迎されません。ただし、年収額自体が平均年収を下回るとかの低所得でなければ、融資可能な場合も。また、東京スター銀行に預金があれば、仮に年収の3分の1にあたる額の負債があっても預金と同額程度の借入が可能! あまり知られていないですが、これは裏ワザとして覚えておいたほうがよいでしょう。年率0~13.6%(通常5.8~14.8%)の低金利で借入できます。

みずほ銀行カードローンは、融資極度額500万円。東京スター銀行おまとめローンに比べたら少ないですが、最短即日審査可能や100万円までなら収入証明のコピーが必要ないなど、借りやすいイメージがあります。専業主婦・主夫でも配偶者に安定継続した収入があれば30万円まで融資してくれます。年率は5.0~14.0%で、こちらもかなりの低利率ですね。

お金に困ったとき。どうしても借りたいとき。これからは、こう言っちゃいましょう。

“どうする?銀行ローン”

おまとめローン★ >> ご質問はこちらから(無料)

 
ほかの比較ページを見てみる★ >> カードローン・条件有利順 >> 即日審査・条件有利順


楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可) イチオシ1 金利1 限度1
金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要
申し込み1
詳しい情報1
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。


©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.

[総量規制関連] <基礎> 総量規制とは 基準 クレジットカード 対象外 消費者金融 銀行系 ショッピング枠 影響 貸金業法
<消費者金融と総量規制> アコム モビット プロミス アイフル ノーローン <銀行系と総量規制> 三井住友 みずほ 東京スター バンクプレミア 楽天銀行
<事例別> 夫婦 主婦 学生 法人 個人事業主 無職 不動産融資 自動車ローン 住宅ローン 教育ローン
<関連コラム> 不動産担保ローン 連帯保証人 弊害 金融庁の見解 借り換え 年収証明 抜け道はあるか? 例外 リボ払い