総量規制-自動車ローンの場合-

自動車購入もマイホーム同様、現金一括でドンッと買う人はいませんよね。いるとしたら相当にバブリィで、不景気の昨今ではごくごく少数。限りなくゼロに近い人数でしょう。クルマを買う際には、ローンを組むのが普通です。

この自動車ローンは、果たして総量規制に関係があるのか。ノーです。この場合は、総量規制とは一切の関係がない除外事項として扱われます。「自動車購入時の自動車担保貸付け」いわゆる自動車ローンは除外であると、法律に明記されてあります。除外ということは、年収額3分の1相当の借入があっても、追加で融資を受けられるということ。新車を買うとして、軽自動車以外の日本車なら数百万円するのが当然ですから、たいていのサラリーマンは年収の30%どころか半分くらいにはなってしまうでしょう。つまり、クルマ購入にあたって総量規制を適用するのはナンセンス。そういう判断で適用除外となったわけです。

「それなら、サラ金でもお金を借りていいんだよな。借入してクルマを買い換えるかな」

ここまで読んで、そんなことを考えてしまった方。いませんよね? 通常、自動車ローンを組むのにサラ金からお金を借りる人はいないはず。一般的に自動車ローンは、信販会社や銀行、郵便局、JA(農協)などにあるそれ専門のローンを組みます。いくら自動車ローンが総量規制対象外とはいっても、わざわざ消費者金融から借入してまで買う必要はないはずです。

「自分は、できればローンは増やしたくないんだよね。クルマの場合、仮にローンの途中で事故っちゃったら目もあてられいほど悲惨だし」

ふむふむ。そんなご意見もあるのですか。確かに、そうした個々人それぞれの希望がありそうですね。

このような希望のある場合でも、サラ金よりは銀行ローンのほうがなにかと有利です。消費者金融だと、自動車一台を一括払いで即購入できるほどの資金を貸してはくれません。初回申し込みなら、なおさらそうですよね。銀行カードローンであれば数百万円単位の借入が即可能ですし、高額融資してもらっても金利は安く設定されています。どちらがよりおトクか、すぐに分かると思います。

また、現在自動車ローンを利用している方でも、総量規制適用のない銀行カードローンなら、急な入用に際しても借入可能。除外項目なのですから、当たり前ですよね。クルマ購入のローン支払い中でも銀行の高額融資が受けられるのですから、これぞ、ゆとりある暮らしの実現です。

おまとめローン★ >> ご質問はこちらから(無料)

 
ほかの比較ページを見てみる★ >> カードローン・条件有利順 >> 即日審査・条件有利順


楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可) イチオシ1 金利1 限度1
金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要
申し込み1
詳しい情報1
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。


©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.

[総量規制関連] <基礎> 総量規制とは 基準 クレジットカード 対象外 消費者金融 銀行系 ショッピング枠 影響 貸金業法
<消費者金融と総量規制> アコム モビット プロミス アイフル ノーローン <銀行系と総量規制> 三井住友 みずほ 東京スター バンクプレミア 楽天銀行
<事例別> 夫婦 主婦 学生 法人 個人事業主 無職 不動産融資 自動車ローン 住宅ローン 教育ローン
<関連コラム> 不動産担保ローン 連帯保証人 弊害 金融庁の見解 借り換え 年収証明 抜け道はあるか? 例外 リボ払い