総量規制の弊害

総量規制はそもそも、借りすぎ貸しすぎを防止する意味合いを持つ法律です。サラ金やヤミ金への規制を厳格化し、その反面で個人顧客の利益や生活を守る。そういう目的を持っています。

しかしながらこの総量規制、むしろ弊害をもたらしている部分もあります。2010年(平成22年)6月の本格施行以後、徐々に明らかになってきた問題があるのです。

まず、年収額3分の1制限による「融資枠の減少」が挙げられます。たとえば、施行前までは100万円の枠を消費者金融に持っていたのに、総量規制施行のために枠が小さくなり限度額が減った。年収1000万円の方で従来は450万円の枠があったのだが、今は300万円に減ってしまった。こういう弊害が出てきています。生活のために四苦八苦して、借金で借金を返す自転車操業していた人々が、突然やりくりに詰まる。そうしたケースが出てきてしまったのです。

そして専業主婦の借入不能。大手消費者金融が足並みを揃えて、専業主婦への新規貸出をストップしました。収入ゼロの人々がお金を借りられない状況に。従来のように夫に安定収入があったとしても、もはや無理です。有名ノンバンクで専業主婦に貸出しを行う会社は、なくなりました。

キャッシュカードのキャッシング枠も総量規制対象となったので、専業主婦や無職の方がカードを新規につくるのにも弊害が生じました。一度もキャッシングをしたことがない人でも、年収3分の1以内の縛りを受けるのです。つまり、ハナからキャッシング枠がつくれない、あるいはつくりにくい状況に。

こうして並べてみると、けっこうな弊害が生じていることが分かりますね。総量規制は借主を救うべき法律のはずですが、むしろ苦しめているケースもあるのです。

総量規制からの制約をまるきり受けないのは銀行ローンです。銀行からの直接借入なので、貸金業法そのものが無関係なのですね。色々な弊害のことを思えば、もはやノンバンクから借入を行うこと自体がデメリットだらけと感じませんか? 銀行ローンを利用したほうが弊害もなく、ストレスもない。そう考えたほうがよさそうです。

おまとめローン★ >> ご質問はこちらから(無料)

 
ほかの比較ページを見てみる★ >> カードローン・条件有利順 >> 即日審査・条件有利順


楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可) イチオシ1 金利1 限度1
金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要
申し込み1
詳しい情報1
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。


©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.

[総量規制関連] <基礎> 総量規制とは 基準 クレジットカード 対象外 消費者金融 銀行系 ショッピング枠 影響 貸金業法
<消費者金融と総量規制> アコム モビット プロミス アイフル ノーローン <銀行系と総量規制> 三井住友 みずほ 東京スター バンクプレミア 楽天銀行
<事例別> 夫婦 主婦 学生 法人 個人事業主 無職 不動産融資 自動車ローン 住宅ローン 教育ローン
<関連コラム> 不動産担保ローン 連帯保証人 弊害 金融庁の見解 借り換え 年収証明 抜け道はあるか? 例外 リボ払い