総量規制-住宅ローンの場合-

マイホーム購入時の住宅ローンに対して総量規制は適用? 除外? さてさて、どうなるのでしょう? これはもう、少し考えてみれば即分かります。住宅一棟あるいはマンション一室のおおよその購入額と、平均的な年収を比較してみてください。絶対に釣り合いが取れませんよね。住宅は、あまりに高すぎます。年収の3分の1相当額をすでに借り入れているからといって、住宅ローンが組めないのであれば、いまどきのサラリーマンは相当数が賃貸暮らしをやむなくされるでしょう。住宅ローンに対して総量規制は適用されません。法律にある「不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)」がこれにあたり、完全なる除外です。

そのため今現在住宅ローン利用中でも消費者金融や信販会社(クレジット)からの借入が可能。もちろん、そもそも総量規制の適用を受けない銀行カードローンからの借入だってできます。

マイホームの支払いが月々あるとしたら、その分、生活に対しての影響は大きいですよね。毎月、かなりの金額が引き落とされていくはずです。そうした場合にやはり追加融資を受けたいケースが出てくるのは、これは人生なにがあるか分からないだけにありがちです。

では、そんなときに頼るべきなのは消費者金融などのサラ金なのか、銀行カードローンなのか? どちらのほうがおトクなの? これも答えはカンタンですね。消費者金融よりは、銀行からのほうがより多く借りられます。また、住宅ローンで月々カツカツになり、とうに消費者金融からの借入が年収額3分の1になっているケースもありえますよね。その場合でも銀行カードローンは総量規制の縛りを受けないのですから、借りられない心配がありません。マイホームを購入できるだけの、プラス住宅ローンを組めるだけの社会的信用があるのなら、確実に銀行からの融資を引き出せます。より多くの借入を望み、より確実で安心。そう望むなら消費者金融よりは銀行ローン。これはもう鉄板と表現してよいかもしれません。

おまとめローン★ >> ご質問はこちらから(無料)

 
ほかの比較ページを見てみる★ >> カードローン・条件有利順 >> 即日審査・条件有利順


楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可) イチオシ1 金利1 限度1
金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要
申し込み1
詳しい情報1
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。


©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.

[総量規制関連] <基礎> 総量規制とは 基準 クレジットカード 対象外 消費者金融 銀行系 ショッピング枠 影響 貸金業法
<消費者金融と総量規制> アコム モビット プロミス アイフル ノーローン <銀行系と総量規制> 三井住友 みずほ 東京スター バンクプレミア 楽天銀行
<事例別> 夫婦 主婦 学生 法人 個人事業主 無職 不動産融資 自動車ローン 住宅ローン 教育ローン
<関連コラム> 不動産担保ローン 連帯保証人 弊害 金融庁の見解 借り換え 年収証明 抜け道はあるか? 例外 リボ払い