総量規制とプロミス

三井住友フィナンシャルグループの一員であるSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、総量規制の影響下にあるのでしょうか? 残念ながら、銀行子会社といってもプロミス自体は貸金業。完全に、総量規制の縛りを受けます。

プロミスも他の消費者金融と同様に、年収額3分の1までなら借りられます。が、これもまた他社と同じく3分の1を超えれば借入不可能ですし、他社ですでに3分の1に迫る金額を借りていれば、融資を受けられる金額に制限がつくことになります。年収を証明する1年分の給与明細や源泉徴収表、あるいは確定申告書といった書類が必要なのも同じ。指定信用情報機関への情報照会に同意しなくてはならないのもまた同じです。

消費者金融からの借入はホントに制限だらけ! 非常に面倒臭いというのがホンネですね。どうしてこんなにややこしいのでしょう? 銀行のグループなのだから、制限の対象外にしてくれてよさそうなモノじゃないですか。

プロミスから、年収3分の1の借入をすでに受けている方。プロミスにいくらか返済して借入総額を減らした上で、それから融資を受け直さなくては借入は不可能なのか? そんな心配をされている方も多いのではないでしょうか。

ノープロブレム! ご安心ください。そういうあなたでも、借入先は残っています。しかも、安心のメガバンクが貸してくれます。

東京スター銀行おまとめローンの場合は、あまりに他社借入件数が多い場合で年収3割をすでに借りているなら、融資を渋られるケースもあります。とはいえ、年収額そのものが際立って少ないのでなければ、こうしたケースでも融資可能な場合があります。東京スター銀行に融資希望額と同程度の預金があれば、ほぼ鉄板! 年率0~13.6%の超低金利で借入可能!(通常融資なら年率5.8~14.8%)融資極度額1000万円は魅力です。

みずほ銀行カードローンも、もちろん銀行が直で貸してくれるので総量規制対象外。借入100万円までなら年収額を証明する書類も不要。審査最短即日、融資極度額500万円、5.0~14.0%とこちらも魅力満載。配偶者の方に安定した収入があれば、専業主婦・主夫の方でも30万円まで融資OKなのです!

こうなると、もう消費者金融はいらない! そんな気がしてきませんか?

おまとめローン★ >> ご質問はこちらから(無料)

 
ほかの比較ページを見てみる★ >> カードローン・条件有利順 >> 即日審査・条件有利順


楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可) イチオシ1 金利1 限度1
金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要
申し込み1
詳しい情報1
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。


©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.

[総量規制関連] <基礎> 総量規制とは 基準 クレジットカード 対象外 消費者金融 銀行系 ショッピング枠 影響 貸金業法
<消費者金融と総量規制> アコム モビット プロミス アイフル ノーローン <銀行系と総量規制> 三井住友 みずほ 東京スター バンクプレミア 楽天銀行
<事例別> 夫婦 主婦 学生 法人 個人事業主 無職 不動産融資 自動車ローン 住宅ローン 教育ローン
<関連コラム> 不動産担保ローン 連帯保証人 弊害 金融庁の見解 借り換え 年収証明 抜け道はあるか? 例外 リボ払い