総量規制-学生の場合-

たいていの場合アルバイトをしているとはいっても、基本的に仕送りで暮らすのが普通の学生。もっとも、しょせんタテマエみたいな話で、実際には十分生活できるほどの稼ぎがある学生も多くいます。かつては学生ローン花形の時代もありました。むしろ、アルバイトで収入を得て、なおかつ親の仕送りがある恵まれた身分として積極的に融資が行われていたものです。

現在の学生への融資状況、環境はどうなのでしょう? 学生が貸金業者からお金を借りるのは、原則NGです。タテマエには違いないものの、基本的に“収入がない”と見做されてしまうからです。

とはいえ、アルバイト収入がある場合は、一応その年間収入を年収とします。その場合でも総量規制の縛りを受け、アルバイト年収3分の1相当額をすでに借りているようであれば、どこの消費者金融を訪ねても即刻断られます。かつて、顧客の人柄や性格で融資するか否かを判断していたような、良心的な業者はもうありません。というより、そんな方針では営業できなくなっています。それもこれも、総量規制があるせいです。また近年では、借財してまでマルチ商法(ネットワークビジネス)に手を出す学生が増えており、これに対する注意喚起も業者側は受けています。18歳以上なら融資OKという学生ローンもいまだ健在ですが、思ったようには借りられないのが現在の実情のようです。結局は借りにくいわけですね。

先日ニュースで発表されたように、現代の学生は1980年代中盤水準の仕送り額に落ち込んでいるとか。長引く不況のせいで、親御さんも大変なわけです。むしろ、今の時代のほうがバブル全盛期の学生などよりも、もっとお金が必要なはずなのですが。学生の場合、年収として見込める金額が少ないと判断されてしまうのは仕方ありません。考えようによっては、総量規制施行で最もお金を借りにくくなったのは、学生なのかもしれませんね。

しかし、ご安心ください。銀行ローンなら総量規制の対象外だし、学生でも融資可能です。年収として見込める金額が、学生実業家でもない限り少ないと見積もられてしまうので、借入可能な限度額には制限があるケースが多いです。といっても、100万円以下の融資なら、かえってイイ部分も。年収額を証明する書類もいらず、運転免許証や保険証、パスポートといった身分証プラス学生証で融資が受けられる銀行が殆どです。学生じゃお金は借りられないと頭から決め付けず、銀行ローンを頼りましょう。

おまとめローン★ >> ご質問はこちらから(無料)

 
ほかの比較ページを見てみる★ >> カードローン・条件有利順 >> 即日審査・条件有利順


楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可) イチオシ1 金利1 限度1
金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要
申し込み1
詳しい情報1
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。


©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.

[総量規制関連] <基礎> 総量規制とは 基準 クレジットカード 対象外 消費者金融 銀行系 ショッピング枠 影響 貸金業法
<消費者金融と総量規制> アコム モビット プロミス アイフル ノーローン <銀行系と総量規制> 三井住友 みずほ 東京スター バンクプレミア 楽天銀行
<事例別> 夫婦 主婦 学生 法人 個人事業主 無職 不動産融資 自動車ローン 住宅ローン 教育ローン
<関連コラム> 不動産担保ローン 連帯保証人 弊害 金融庁の見解 借り換え 年収証明 抜け道はあるか? 例外 リボ払い