総量規制対象外おまとめローンの比較

最近、テレビや新聞でよく見かける「総量規制」という言葉はご存じでしょうか。
貸金業法の総量規制とは、2010年6月に施行される新しい法律で、年収の1/3以上の借入はできなくなるというものです。
これだけを聞くと、まるでローンの総額が1/3を超えてしまうと、それ以上は一切借りられなくなってしまうのかと考えてしまいがちですが、これは間違いです。

一般的に総量規制が適用されるのは「消費者金融」「クレジット会社」「事業者金融」「信販」の借り入れが対象となっています。
つまり、「銀行」からの借り入れなど、これらの業者からでなければ規制の対象外となり、年収の1/3を超える借り入れが法律で禁止される訳ではないということになります。
また、住宅ローンや医療費ローン、自動車ローンなども対象外となります。
ローンが多いこと自体は自慢にもなりませんが、相手が銀行であれば審査基準も適正に行われ、1/3を超えようとも金利水準が割安ですし安心して借り入れすることができるでしょう。

これはおまとめローンについても同じことが言えます。
銀行からの借り換えであれば、総量規制の影響を受けることなく、今までの複数の借り入れをおまとめして金利を低く抑えることができ、また支払日も統一できます。
もちろん、今のご年収や勤務年数、借り入れ状況や過去の返済履歴など各社とも基準を持っていますので、法律に縛られないからといって審査に通りやすいわけではありませんが、今後支払う支払額を圧縮するための有力な一つの選択肢として、審査を受けられてみる価値はあると思われます。


ほかの比較ページを見てみる★ >> カードローン・条件有利順 >> 即日審査・条件有利順


オリックス銀行 カードローン(おまとめローン可)

年利 融資額 保証人
3.0%~17.8% 最高 800万円
(10万円単位)
不要
オリックス銀行のカードローン商品です。利用限度は最高800万円、年利は借入金額によって変わりますが、最低金利が3.0%と低いですし、何よりもおまとめローンにも利用できることも、有利な条件と言えるでしょう。
借入申込に際しては、オリックス銀行の口座開設は不要、年収200万円以上の方が対象となり、希望限度額300万円以下の場合は所得証明も不要となります。意外と見落とし勝ちなのが、遅延損害金の金利が法定限度いっぱいで固定ではなく、借入残高に対して借入利率+2.1%である点です。細かいところですが、万一のうっかりにも備えて、こういった利用しやすい条件が整っていることもお勧めする理由のひとつです。




©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.