「月々の返済を減らしたい」「支払日を一つにまとめたい」こんな悩みも多重債務を圧縮すると、上手に借り換えができた後、余裕が出た分で生活を立て直し、我慢強く返済し続けることができます。まず、はじめに借り入れている借金をまとめて返済できる会社に申し込むことが一番です。なお申込の際には、日にちを置いて申し込むより1日で複数箇所に申し込みをする方が効率的に審査を通過することができます。ここでは上から順番に当サイトが最適と思われる会社を厳選しています。


ほかの比較ページを見てみる★ >> カードローン・条件有利順 >> 即日審査・条件有利順

おまとめローンランキング

おまとめローンランク1位
楽天銀行スーパーローン(おまとめローン可) イチオシ1 金利1 限度1
金利 融資額 保証人
年4.9~14.5% 最大500万円(10万円単位で選択) 不要
申し込み1
詳しい情報1
楽天銀行スーパーローン
楽天銀行のカードローンです。借入をまとめるのに最適な融資額上限500万円、さらに金利の低さは非常に魅力があります。入会費・年会費はもちろん無料、CD・ATMも全国約80,000台利用できるためとても便利です。なお申込みに際しては、年収300万円以上がひとつの目安となっているため、決してハードルが高くないことも嬉しい条件と言えそうです。あとカードを持っていることで得られるプラスαのサービスがあれば完璧ではありますが、基本的なスペックは全て押さえており十分です。
ローンの入会でもれなく楽天スーパーポイント1,000ポイントが付与され、また「楽天会員ランク」に応じて審査が優遇される、ちょっと変わったおまとめローンです。(※必ずしも通常の審査結果より優遇されるとは限らないのでご注意を。) 当サイトでは、ローンを借り換える前提であっても、新たにカードローンを契約される場合であっても、こちらの商品を最もおすすめします。
おまとめローンランク2位
東京スター銀行 おまとめローン(おまとめ専用) 金利3 限度額3 +α3
借り入れ利率 借り入れ金額 保証人
年率5.8%~14.8%(保証料年率1.2%相当を含む)
※保証料率を除く約定金利は年率4.6%~13.6%です。
30万円~1000万円
(1万円単位)
不要
申し込み3
詳しい情報3
東京スター銀行は、借り入れ時の年利が他社の商品と比べても低い水準な上に、意外と見落としがちですが保証料も含んでいます。 また、借り入れ上限額1000万円、銀行系の商品ということで、業界の中でも最も知られている商品のひとつであることから、安心して利用することができます。
保証人はもちろん不要で、給与所得者の方であれば、年収200万円以上の方(正社員・契約社員の方)から申込ができるという点も見逃せません。HPで返済シミュレーションが可能です。申込まで考えずとも、まずは今の返済とどれくらい変わることになるのかチェックしてみるのも良いですね。
おまとめローンランク3位
住信SBIネット銀行(おまとめローン可) イチオシ2 金利2 限度2 +α2
利息・限度額 保証人
プレミアムコース :金利年3.5%~10.0%、限度額最大700万円
スタンダードコース:金利年14.3%・14.8%、限度額最大100万円
初回利用のネットローンで最大2ヶ月分の利息が全額キャッシュバック
不要
申し込み2
住信広告
SBIグループの住信SBIネット銀行のローンは、総量規制を受けずに借り換えにも利用できる商品です。特にプレミアムコースの低金利と限度額が特筆もので、非常に条件の良いローンだと言えそうです。審査にあたっては申込時の年収制限がないことも知っておきたいところです。借入はPC・携帯利用可で、セブン銀行・イーネット・ローソンのATMにも対応。教育資金やマイカー資金など、事業性のものを除き使途自由です。 SBI証券の口座を持っていれば、基準金利から年0.5%も引き下げてくれる嬉しいサービスもあります。ただでさえ安い金利が更に下がるので、ここで借入をするなら証券口座開設もセットが良いですね。

みずほ銀行カードローン(おまとめローン可)

利息 限度額 保証人
5.0%~14.0% 最高500万円 不要

みずほ銀行カードローンは、都市銀行の商品としては非常に金利水準が低く限度額も大きいローンです。利用のしやすさに加え、やはり最大手銀行の一角みずほ銀行のゆとりと信頼感があります。基本的なスペックが高いことに加えて、申し込み要件として「安定かつ継続した収入の見込める方」つまり、年収による申し込み制限のない銀行おまとめローンとしても利用できるのが強みです。(※だからと言って通りやすい訳ではありませんので、ご注意ください。)
もう一つ特徴的なサービスとして、みずほ銀行で住宅ローンを利用すると、みずほ銀行カードローンの店頭表示の基準金利から年0.5%も引き下げてくれるプラスアルファ的要素もあります。住宅ローンの借入額や返済年数にもよりますが、数百万円単位の総返済額軽減になるケースも多く、かなり重要なサービスと言えるでしょう。預貯金からカードローン、住宅ローンまで、みずほ一行で全部まかなえてしまう便利さは、特に何社もの口座を抱えると煩わしいという方にはぴったりかも知れませんね。
オリックス銀行 カードローン(おまとめローン可) 金利5 限度額5
  年利 融資額 保証人
3.0%~17.8% 最高 800万円
(10万円単位)
不要
申し込み5 オリックス銀行のカードローン商品です。利用限度は最高800万円、年利は借入金額によって変わりますが、最低金利が3.0%と低いですし、何よりもおまとめローンにも利用できることも、有利な条件と言えるでしょう。
借入申込に際しては、オリックス銀行の口座開設は不要、年収200万円以上の方が対象となり、希望限度額300万円以下の場合は所得証明も不要となります。意外と見落とし勝ちなのが、遅延損害金の金利が法定限度いっぱいで固定ではなく、借入残高に対して借入利率+2.1%である点です。細かいところですが、万一のうっかりにも備えて、こういった利用しやすい条件が整っていることもお勧めする理由のひとつです。

モビット(おまとめ可)

実質年率 限度額 保証人
3.0%~18.0% 1~800万円 不要

安心感・サービス内容・知名度とも信頼できるカードローンのひとつです。意外と知られていませんが、借り入れをまとめる用途にも利用することができますので、持っていると色々な場面で役に立つと言えますね。 携帯電話で申し込み完了から10秒簡易審査のスピードに強みを持っています。金利や借入上限額などの諸条件を見ても、カードローンとしての総合力が高いので、モビットがぴったりの方も多いことでしょう。


各種お役立ち情報は右上のメニューから!


おまとめは、複数の金融機関からの高額な借り入れを一本化して金利を低くして返済の総額を抑えるやり方です。 金銭面だけでなく複数社の返済日のやりくりで苦しまなくて済むようになったりと、精神面でも負担を軽減できます。

ただし、借り入れ件数を一本化しても借入総額に違いはないので、ご注意ください。 利用している金融会社の件数が減ったからという甘えで完済している会社から再度借入したり件数減少をいいことに別の業者から新たに借金をする場合もありますので、借り換え後は即座に今まで借りてきた貸金業者との契約を解除するべきです。

借り換えをするには、なんといっても返済計画が重要になります。 複数の金融機関で借り入れをした場合、返済日もまちまちになるため家計管理も狂いだし、うっかり返し忘れてしまったということもあります。 そうならないように、複数の金融機関からローンを組んだ場合は、ひとつにまとめてしまうという方法をとりましょう。

借り入れを一つにまとめるというのは、低金利のローンにまとめることによって月々の支払を減らすという目的があります。 当サイトでは、ローンに困っている方向けのコンテンツが盛りだくさんです。 ぜひお役にたてて頂ければと思います。

質問事例集<FAQ>

延滞 ブラックリスト みずほ銀行 消費者金融 転職 返済困難 主人と4社 カード詐欺 500万円・6社 アルバイト→正社員 無職 340万円・7社 退職 とにかく借りたい 現在払えない 闇金 みずほ・楽天審査落ち 主人が肩代わり 200万円・3社 主人は自営業 債務整理 契約社員 毎月返済額23万 任意整理中


総量規制関連情報

<基礎>
総量規制とは 基準 クレジットカード. 対象外 消費者金融. 銀行系 ショッピング枠 影響 貸金業法
<消費者金融と総量規制>
アコム モビット プロミス アイフル ノーローン
<銀行系と総量規制>
三井住友 みずほ 東京スター バンクプレミア 楽天銀行
<事例別>
夫婦 主婦 学生 法人 個人事業主 無職. 不動産融資 自動車ローン 住宅ローン 教育ローン
<関連コラム>
不動産担保ローン 連帯保証人 弊害 金融庁の見解 借り換え 年収証明 抜け道はあるか? 例外 リボ払い



©ファイブディグリーズ All Rights Reserved.